アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
A Day in the Life
ブログ紹介
コンピュータ一般や情報管理,プログラミング,読書,映画,英語学習などに興味があります.このブログでは,自分の興味に関する雑多な話題を備忘録的に書いていこうと思っています.

help RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
生涯に一度の夜(レイ・ブラッドベリ)
生涯に一度の夜(レイ・ブラッドベリ) 1, 2週間ほど前,HTTPのステータスコード451が話題になった. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/29 16:05
自分が世界の主人公でないと気づいたのはいつだったか
はてな匿名ダイアリーで,以下のような記事があった: ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/10 17:28
LaTeX メモ ― AUCTeX における AMS-LaTeX パッケージ等の初期設定
論文などで LaTeX ファイルを編集するときは, emacs+AUCTeX+RefTeX という組合せが最強だと思っている.私はキーボード派なので,マウスを多用する LaTeX 統合環境はどうも趣味に合わない. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/27 21:06
キリマンジャロの雪 (ヘミングウェイ)
キリマンジャロの雪 (ヘミングウェイ) 翻訳調がどうも好きではないので,私はあまり外国文学を読まない.それでも何人かの外国人作家の作品についてはよく読んだ.ヘミングウェイはその一人である.ただ,今となってはその内容もあまり覚えてはおらず,長編以外で記憶に残っているのは,「インディアンの村」,「フランシス・マカンバーの短い幸福な生涯」,そして今日エントリにする,「キリマンジャロの雪」くらいである. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/03 19:07
チョコレート戦争 (大石真)
チョコレート戦争 (大石真) 先日エントリ(本をあまり読まない中高生に薦めたい10作品(その1),本をあまり読まない中高生に薦めたい10作品(その2))を書いているときに思ったのだが,私がよく覚えている児童文学や絵本は,食い意地が張っているからなのか,料理やお菓子に関するものが多いようだ.そのような作品の中でも,今回は,私の大好きな作品である「チョコレート戦争」について書いてみたい. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/10 18:20
RSS登録変更のお願い
本ブログをご覧くださり,大変ありがとうございます. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/20 07:06
本をあまり読まない中高生に薦めたい10作品(その2)
本をあまり読まない中高生に薦めたい10作品(その2) (その(1)からの続きです) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/07/19 22:46
本をあまり読まない中高生に薦めたい10作品(その1)
本をあまり読まない中高生に薦めたい10作品(その1) 学生の皆さんはそろそろ夏休みですね.そこで,本を少しでも読んでもらおうと,某ブログ界隈では,中高生にすすめる作品リストというネタが一部で盛り上がっているようです.面白そうなので,私もエントリを書いてみることにしました. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/07/19 22:43
線香の火を消さなかった人
線香の火を消さなかった人 本ブログもめでたく(?)10周年の区切りを迎えた(参照: 「ブログ開設10周年となぜブログを書くかということ」).以前から,更新頻度が少ないことが気になっていたので,今後はちょっとしたことでもエントリを書くようにしたい. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/28 20:32
ブログ開設10周年となぜブログを書くかということ
ブログ開設10周年となぜブログを書くかということ ウェブリブログから年に一回の恒例のメールが送られてきましたので,恒例のエントリを書いてみたいと思います. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/21 18:56
不機嫌ということと読書について
不機嫌ということと読書について twitterでも呟いたのだが,中年になってくると,たとえば読書についても,残りの人生であと何冊読めるかといったことを,ぼんやりとでも考えるようになる(こうした思いについては,本ブログのエントリ「若い頃にしかできないこと」にも書いた).そうすると,浅ましい考えではあるが,面白くもない本を読む時間がもったいないと思うようになるのである.露悪的に下品に言えば,「外れ」の本を読みたくなくなるということだ.本だけでなく,音楽についても似たような思いがある. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/14 15:34
ベン・E・キング氏死去
ただただ残念です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/02 08:44
草ひばり(小泉八雲)
草ひばり(小泉八雲) 小泉八雲(以下,本名のラフカディオ・ハーンとする)は,多くの日本人が知るところの人物だろう.ギリシャに生まれ,さまざまな国を経た後,明治のころ日本に帰化し,日本の民話や特に怪談を蒐集して外国に紹介した.日本の長い歴史に基づく伝統や文化をこよなく愛したといわれ,それもあって,日本人による人気が高い人物ではないだろうか.私も,ハーンに対しては,ゆかしいような気持ちを持っている.しかしながらそれは,ハーンに対する一般的な理解と異なっているような気もするので,今回はそれを題材にして,エントリを書いてみた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/22 16:53
若い頃にしかできないこと
先日,若いときにしかできないことなどないという趣旨のエントリを見かけた.それに反論するつもりはないのでリンクは貼らないが,ちょっと思ったことがあるのでここに書いてみたい. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/08 20:56
ブログを三か月更新しなかった
本ブログをホストしているウェブリブログは,3ヶ月更新のなかったブログに強制的に広告を表示するような仕様となっているようだ.意図しない広告が本ブログのトップページに表示されていることから,ウェブリブログのそうした機能に気がついた.同時に,自分が3ヶ月もブログを更新していないことに気がついた. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/03/03 21:11
中谷治宇二郎と,人が生きているということ
中谷治宇二郎と,人が生きているということ 前回のエントリでは,中谷宇吉郎のことについて書いた.宇吉郎には,治宇二郎(じうじろう)という弟がいた.中谷宇吉郎は有名であろうが,その弟の治宇二郎については,ネットではおそらくほとんど触れられていないのではないかと思うので,今回のエントリでは,治宇二郎のことと,それにまつわる思いについて書いてみたい. ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/30 23:29
中谷宇吉郎と寺田寅彦
中谷宇吉郎と寺田寅彦 中谷宇吉郎(なかや うきちろう)は,昭和初期の物理学者で,雪の結晶や人工雪の研究で知られている.また,随筆家としても知られ,多くのすばらしい随筆を残している.現在本として入手しやすいのは,「雪」「中谷宇吉郎随筆集」(いずれも岩波文庫)くらいだろうか.いずれも名著であり,このブログで紹介したいと考えていたのだが,それらについてはネットでもいろいろな書評などがあるようなので,まずはこのブログらしく(?),「寺田先生の追憶」という作品を手がかりに,中谷宇吉郎と寺田寅彦のことを書いてみたい. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/28 17:23
水仙 (太宰治)
水仙 (太宰治) このエントリは,先日のエントリ(ブログ開設9周年と「水仙」(太宰治))の続きである. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/31 17:33
ブログ開設9周年と「水仙」(太宰治)
ブログ開設9周年と「水仙」(太宰治) 先月,ウェブリブログから恒例のメールが送られてきた. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2014/07/29 21:03
私が47都道府県で連想する47作
私が47都道府県で連想する47作 以下の記事を読んで,非常に興味深く感じました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/21 23:17

続きを見る

トップへ

月別リンク

A Day in the Life/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]