テーマ:学問

頭の良さについて

ゴールデンウィークにたまったブックマークを少しずつ消化している.その中で,頭が良くなるための方法論等に関する記事をいくつか見かけた.大変な数のブックマークがついてる.現代のような知識社会で生き残るためには,頭がいいことは一つの重要な条件であるから,頭の良さということは多くの人にとって切実であるということだろう.では,そもそも,頭がいいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正義と微笑 (太宰治)

はてなブックマーク経由で,学問はなんの役に立つのか,ということについて議論が盛り上がっていたのを知った.こういう話題は多くの人の興味をかき立てるようで,多数のブックマークがつけられている.こういった,学問は何の役に立つか,なぜ勉強しなければならないか,ということについては,太宰治の「正義と微笑」という小説を思い出す.やや散漫な内容になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Guy Steele Jr. (ガイ・スティール Jr.)について

最近,天才に関する記事と,ハッカーに関する記事を読み,Guy Steele Jr. (ガイ・スティール Jr.) のことを思った.Guy Steele については,ちょっとしたことではあるがいつも思い出すことがあるので,散漫ではあるけれども,それについてここに書いてみたいと思う. Guy Steele Jr.はアメリカの計算機科…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人間はどんなところでも,どんな時でも何歳からでも学ぶことができる

このブログは2005年の7月に始めたものなので,ちょうど丸2年になる.過疎ブログであってもブログを書くことは大変楽しく,頻繁には無理にしても,細々とは定期的に更新しようと考えていた.ところが,とうとう先月は一つもエントリを書かなかった.このブログの最初に,「ブログを始めるにあたって - 継続は力」などという偉そうなエントリを書いたことが…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

学ぶということ(雑感)

lifehack.org に,Presenting to the Fortune 500という記事があった.これを読んで,本筋ではないのだが,ある感想を持ったので,ここに書いておきたい. 上記記事に,以下のような引用がある: We Learn… 10%…of What We Read 20%…of What We Hear …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代国語の音韻に就いて (橋本進吉)

以前,人から薦められて面白かった本について書いた(美しい星 (三島由紀夫)).今回のエントリでは,「古代国語の音韻に就いて」(橋本 進吉 (著),岩波文庫)を紹介したい. 「古代国語の音韻に就いて」は,大学に入学した年,文系の友人にすすめられて読んだ本である.大学で,本格的な学問や自由な雰囲気などを初めて経験し,全国から集る様々な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more