エントリのURLについて

ウェブリブログのリニューアルに関してはだいぶ慣れたつもりでいたのですが、困惑したところがあったので、メモとテストがてらエントリにしてみたいと思います。

具体的には、ブログ記事の URL のつけ方についてです。先月、以下のようなエントリを書きました:

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス)
https://dayinthelife.at.webry.info/201904/article_82deb1e9b0.html


そのときは迂闊にも気づきませんでしたが、これは URL が変ですね。8月15日に公開した記事なので、従来システムならば、URL は
.../201908/article_1.html
のようになるはずです。これはバグかもしれないと思ったので、サポートに問い合わせてみました。

結論としては、「仕様」ということのようです。今回のリニューアルでは、エントリのURLのつけ方が変更されたとのことです。詳しくは下記 URL を参照してください:

ブログ記事のURL: ウェブリブログリニューアルご案内ブログ

簡単に言うと、記事を下書きにした時点で URL が決まるということです。うーん、いずれにせよ article_82deb1e9b0.html というのは変だとは思うのですが。

とにかく、私は、当該記事を4月の時点で下書きにしてほったらかしにして、8月になってようやく記事にしたということですかね。それは恥ずかしい。

まあ、私はこういうことをよくやります。特に書評エントリは、時間があって気分がのったときじゃないと書けないんですよね。結果として、下書きのまま放置状態になっているエントリが多くあります。反省して、なるべく早く記事にしたいと思います。

参考までに、記事の URL を(決まった範囲で)任意の文字列に変更する方法については、以下のエントリが参考になります:

カスタム記事URL: ウェブリブログサポート

なお、いったん公開された記事の URL は変更できないということでした。そこで、本ブログの上記エントリの URL は、ずっとそのままです。悪しからずご了承ください。

以上、メモのために記事にしてみました。この記事の URL はどうなるでしょうか。


(追記)
思ったとおりの URL になりました。それはそうですね。



関連記事:
ウェブリブログのメンテナンス終了
ウェブリブログのリニューアル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント