北杜夫氏死去

作家の北杜夫氏が亡くなったそうです.学生時代,その作品を愛読した作家の一人で,ブログに書こうと思っていたところでした.残念です.年のせいか,こうしたニュースが目につくようになってきました.そしてまた,自分の人生のことを考えるのです.


「どくとるマンボウ」北杜夫さん死去

 ユーモアあふれる“どくとるマンボウ”シリーズや、大河小説「楡家(にれけ)の人びと」で知られる作家、芸術院会員の北杜夫(きた・もりお、本名・斎藤宗吉=さいとう・そうきち)氏が、24日死去した。


 84歳だった。告別式は親族で行う。

 近代短歌を代表する斎藤茂吉の次男として東京に生まれた。旧制松本高を経て東北大医学部に進学。卒業後の1954年、初の長編「幽霊」を自費出版した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20111026-OYT1T00081.htm

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【追悼】 北杜夫逝く

    Excerpt: 私の中には、あなたが沁み込んでゐる。 Weblog: 仙丈亭日乘 racked: 2011-10-26 14:52
  • 北杜夫 - 夢を呉れたその交友関係

    Excerpt:  北杜夫の訃報に接した。大学を出たあと、昭和30~40年代に始まり近年まで親しん Weblog: 国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記 racked: 2011-11-01 19:38
  • 楽しい精神病は存在しない

    Excerpt: 北杜夫(本名、斎藤宗吉)は精神科医でありながら芥川賞作家でもある。どくとるマンボウ昆虫記 (新潮文庫)などで作家としても非常に名高くファンが多い。 そして、躁うつ病者としても知られる。 パ.. Weblog: 天才と精神病の間 racked: 2012-02-11 22:06