A Day in the Life

アクセスカウンタ

zoom RSS 長く生きるということ、そもそも生きるということ

<<   作成日時 : 2018/04/29 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以下のような記事を見た:

ジャーナリスト佐々木俊尚氏流、「人生100年時代」をより軽やかに生きるためのコツ。 | リクルート - Recruit
https://www.recruit.co.jp/meet_recruit/2018/04/sc10.html


これをきっかけに、最近思っていることなどブログに書いてみたい。なお、以下に書く内容はいわば備忘録のようなものであるから、上記記事とはあまり関係がない。


諸般の理由もあり、最近、ある老人たちを見かける。この老人たちを見るたびに、正直言うと、複雑な気持ちになる。それは、長く生きるということに対する複雑な思いである。

長く生きるということは、人類の夢である。私でも、長く生きて、科学の進展をみてみたいという思いは強くある。毎日新しい技術が生み出される。たとえば、世界は10年前と比べ、どれだけ変わったか、便利になったか。それにささやかながらも関わることの喜びがいかばかりか。世の中は、わくわくするような出来事に溢れている。

一方で、長く生きるということは、心躍ることばかりでもない。長く生きるということは、言うまでもなく、老いに直面するということでもある。

この高齢化社会のことであるから、読者の皆さんも、何らかの形で老人と接したことがあるだろう。老人とは、老いのもつ、生きるということの影を体現する存在でもある。

認知症の老人。一人では起き上がることもできず、1日中寝たきりの老人。そこまでなくとも、気力もなくてテレビだけを見続ける老人。

一体、生きているということは如何なることであろうか。そして、私はそこまでして長く生きたいだろうか。

この老人たちは、たとえずっと先の話だとしても、すなわち年を取ったときの私である。そう思えば、そのとき浮かび上がってくる感情は、ありていに言えば、恐怖である。

(実は、これは私自身がもつ差別心の表れかもしれない。これについては、別エントリで書いてみたい)


しかし私は、卑怯かもしれないが、これ以上自分の心理に立ち入ることはしない。私は、老いの不安とともに生きていくことを選ぶ。ただ、太宰治の「斜陽」から一節を引用するに止めておく。

ああ、何かこの人たちは、間違っている。しかし、この人たちも、私の恋の場合と同じように、こうでもしなければ、生きていかれないのかも知れない。人はこの世の中に生れてきた以上は、どうしても生き切らなければいけないものならば、この人たちのこの生き切るための姿も、憎むべきではないかも知れぬ。生きていること。生きていること。ああ、それは、何というやりきれない息もたえだえの大事業であろうか。



生きていくこと、この世の中を渡っていくことの、どんなに困難なことであろうか。あえてぼかして書くが、私の知り合いで、今年、(悪い意味で)信じられないことをしでかしたものがいる。職業人生を全うすることですら、容易なことではないのである。


現時点では、私は、長く生きたいかと問われれば答えようがないが、少なくとも、今は死にたくない。絶対にやりとげたいことがいくつかあるからだ。

私は、最終的にはボケてみじめな死を迎えるかもしれない。しかし、それまでは、何としてもこの生に抗いながら生きていきたい。



関連記事

生への執着







斜陽 他1篇 (岩波文庫)
岩波書店
太宰 治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 斜陽 他1篇 (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長く生きるということ、そもそも生きるということ A Day in the Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる