A Day in the Life

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間ピラミッドについて

<<   作成日時 : 2016/06/22 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以下の記事を読み,自治体の通告にも関わらず,いまだに危険な巨大組体操を続けている学校関係者に対して,腹が立った.

巨大組体操つづける学校 自治体禁止でも実施、最高段数を記録、頂点から垂れ幕…(内田良) - 個人 - Yahoo!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ryouchida/20160619-00058983/


この組体操は,ピラミッドやタワーとも呼ばれるが,最下段の生徒に対する最大負荷は,200kgを超えるという.これではピラミッドが崩壊したときは危険極まりなく,実際,生徒が半身不随等の障害を抱える重大な事故も度々起きているという.

このブログに以前書いたように,子供は未来であり希望である.そして,大人は子供を庇護する存在である.教育関係者たるものが何故それが分からないのか.本当に腹立たしい.


このように考える過程で,私は,北原宗積による詩「人間ピラミッド」に思いを巡らせずにいられなかった.

人間ピラミッド

気がつくと
父を 母を ふんでいた

父と母も それぞれ
祖父を 祖母を ふんでいた

祖父母も また
そのふた親をふみ
むかしのひとびとをふみ

いのちの過去から未来へと
時のながれにきずかれていく…
人間のピラミッド

そびえたつ そのいただきに
ぼくは たち

まだいない 子に 孫に
未来のいのちに ふまれていた


優れた詩は,読者に無限のイメージを喚起せずにはおかない.ここでの,人間ピラミッドのなんと遥かなることか.

私は,父母を含め,数えられないほど連綿と続く祖先によって生を与えられた存在である.それはあたかも麓(ふもと)すら見えない山脈のようなものであり,その山頂に私は存在しているのである.そして,我々一人一人はすべてそうした存在であり,一人一人がそれぞれの山脈の頂点にいるのだ.

このような,山脈と山脈が複雑に入れ組んでいるような情景は,まさに宇宙といっていいのかもしれない.この宇宙の先端に我々は存在している.つまり我々は,生きているだけで奇跡のような存在なのである.

そして,我々の上にもまた,まだ存在しない山脈がありうる.この山脈を作ることも一つの奇跡であるが,それをなしうるのが,我々の子供たちなのである.子供は,未来であり希望なのだ.これこそが,人間のピラミッドなのである.


一方で,巨大組体操でなされている人間ピラミッドのなんと無残なことか.それは蒙昧であり,達成感や一体感などといった聞き心地のよい言葉への酩酊であり,全体主義への強制である.一言でいえば,暗愚ということだ.大人のこうした愚かさが,子供に害を与えることがあってはならない.それは,我々の未来と希望を破壊する行為に他ならないのである.



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間ピラミッドについて A Day in the Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる