A Day in the Life

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔飼っていた犬

<<   作成日時 : 2011/10/05 18:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

http://aplacetolovedogs.tumblr.com/post/10952944813/submitted-by-lzlikescricket-adorable-pup
より:

画像



昔,実家で飼っていた犬にとてもよく似ている.首輪の色や形までそっくりである.耳の形がちょっと違うくらいか.その犬は,私が中学生のころ拾ってきたもので,捨て犬だった.見つけたときは,タオルを敷いた段ボールの中に入れられていて,とても小さく,よちよちぎこちなく動いていた.鳴き声もたててなかったような気がする.そして,なんだか,とてもミルクくさいようなにおいがしていた記憶がある.最初はとても小さく,首輪や鎖をつけると,それがあまりに大きく不似合に見えるほどだった.それが,半年もたつとすぐに大きく成長して,普通の犬くらいの大きさに育ったように思う.中学生のころ初めて飼った犬だったせいか,私にとっては,世界一可愛くまた世界一賢い犬だった.しかし,15年ほど生きて,最期はフィラリアで死んでしまった.それ以来,もう犬を飼う気にはならない.

別の某ブログでも書いたように,猫は飼ってみたいと思う.しかし,上の写真を見て,なんとなくもう飼わない方がいいような気がしてきている.

先日,本ブログの「人は皆「自分だけは死なない」と思っている」というエントリで,夏目漱石の「硝子戸の中」を引用した.その一部を再掲する.漱石は,以下のように述懐するのである.

私は宅へ帰って机の前に坐って、人間の寿命は実に不思議なものだと考える。多病な私はなぜ生き残っているのだろうかと疑って見る。あの人はどういう訳で私より先に死んだのだろうかと思う。


私が飼っていた犬はもう死んでしまった.しかし,私は普通にいま生きている.それは何故だろうか.そう考えると,説明しづらいのだが,なにか不条理な気がするのである.






硝子戸の中 (新潮文庫)
新潮社
夏目 漱石

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 硝子戸の中 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
子猫と犬の動画
Kitten Snuggles and Plays with Dog Papaというエントリより. ...続きを見る
A Day in the Life
2012/01/17 00:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔飼っていた犬 A Day in the Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる