A Day in the Life

アクセスカウンタ

zoom RSS 生への執着

<<   作成日時 : 2010/12/28 09:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大した内容のエントリではないけれども,せっかくなのでブログに記録しておきたい.

一週間ほど前になるが,下記の動画を見て大変興味深く思った.


Kinect + HMDでバーチャルリアリティ ‐ ニコニコ動画(原宿)

なお,youtube でも同じ動画が見られる.


研究室レベルならともかく,もう家庭で上記動画のようなことが実現できる時代になっている.Kinectというのは,相当に面白いデバイスのようだ.来年はきっともっとさまざまなことができるようになっているだろう.Kinect に限らないが,こうした技術を見るとわくわくして,まだまだ死にたくないなあと思う.

そう考えてみて,池波正太郎の「食卓の情景」(本ブログの記事)にある,ちょっとしたエピソードを思い出した.著者は,京都に旅行後丹後に寄り,宮津で甘鯛(ぐじ)を買い求め,帰京する.

「重いのに,よせばよかったのに…」
などと母や家内にいわれたけれども,翌朝,かるく焼いて食べてみると,塩加減がよく,おもわず舌つづみを鳴らしてしまった.
母は眼を細めて,甘鯛を食べ終え,
「もう,死んでもいいくらいにうまかった」
と,いいさし,ちろりと私をぬすみ見てから,こういった.
「でも,私が死んだあとで,テレビが,どんなにおもしろい番組をやるかとおもうと,こころ残りがしてねえ」


「食卓の情景」が書かれた当時(1980年ごろ),池波の母は70歳以上だったはずだが,その時代の老人の娯楽としてテレビは大きな位置を占めていたのだろう.たわいないエピソードと言えばそれまでだが,私はこの話が好きだ.そして,上記動画を見たときの私の心境も似たようなものだろう.

自分の仕事の上でやりたい事や,ネットでは言及しないことにしているプライベートなことを考えても,あと少なくとも2,30年は死にたくないと思い,またその気持ちは年々強くなっている気がする.こうした思いが生への執着ということだろうし,年をとるということなのかもしれない.ただ,長生きしたいという思いは,どこかかすかに不遜なところがあるような感じもするし,けっきょく寿命というのは神の思し召しで決まるものであるから,長生きしたいと考えても意味がないといえばないのかもしれない.一日一日,真摯に生きていくことが,人間のできる最大のことなのだろう.


・・・

これが今年最後の更新です.最後のエントリなのに,まとまりなく辛気くさい内容になってしまいました.他のエントリも似たようなものですが,こんなブログでも読んでくださったすべての皆さまに感謝したいと思います.ありがとうございました.よいお年をお迎えください.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生への執着 A Day in the Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる