A Day in the Life

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間の限界 (ゲーテ)

<<   作成日時 : 2006/06/06 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

Amazon があまりに便利なので,本を買うのは Amazon にすることが多くなった.しかしそれでも,本屋には,Amazon などのインターネットショップには替えがたい魅力がある.自分の興味がない分野も含めて,さまざまな分野の新しい本・雑誌が並んだ本棚,意匠をこらした本の装丁,本の独特の重み,質感,香り,活字を読みながら一枚一枚ページをめくるときの喜び,これらはやはり本屋でしか味わえないものである.本屋に入るときは,たとえそれが行きつけの本屋であっても,わくわくする.

また例によって話はそれたが,今日本屋に行って一つの発見があったので,それについて書いてみたい.自分の無知を晒すようで,恥ずかしい話でもあるのだが.

その本屋でふと手に取った「ゲーテ詩集」(新潮文庫)に,「人間性の限界」という詩があったのである.気になったので原題を見てみると,「Grenzen der Menschheit」という.ドイツ語は分からないので,AltaVista の Babel Fish Translation を利用して英語に翻訳してみると,「Borders of mankind」となる.つまり,逐語訳だと「人類(あるいは人間)の境界」となるだろうか.調べてみると,この詩の題は,「人間性の限界」あるいは「人間の限界」と訳すのが一般的のようだ.

以前,霜山徳爾先生の書籍「人間の限界」について記事を書いた(2006年3月5日のエントリ).古今東西の文学・哲学に造詣の深い先生のことであるから,もちろん,この詩を念頭に置いた上でこの本を書かれたに違いない.なお,上記エントリにも書いたのだが,霜山先生には「人間の詩と真実」という名著もあり,これはゲーテの「詩と真実」に基づいている.そのことは「人間の詩と真実」の中に書いているのだが,先生の「人間の限界」の中には,書名の由来は書かれていなかったように思う.見逃しているだけかもしれないが.

いずれにせよ,「人間の限界」のような思い入れのある本の書名の由来を今まで知らなかったとは,自分の無知が恥ずかしくなるばかりであるが,それでもその由来を知ることができたのは望外の喜びである.

ここで,ゲーテの詩「人間性の限界」(高橋健二訳)の一部を紹介しておきたい.

・・・
神々と人間とを
分かつものは何ぞ?
神々の前にては
波さまざまに姿かえて流るれど,
流るるは永劫の大河.
我ら人間は
波にもたげられては
またのみ込まれ,
沈みはて行く.

一つの小さき輪
我らの命を限る.
世々かけて人の族(うから),
絶ゆることなく
その存在のはてなき
鎖につながる.


この詩は,それ自体で心を揺さぶるものがある.さらに,霜山先生の「人間の限界」の書名の由来になったであろうことを考えると,また先生の考えも推し量られるような気もして,さらなる感銘を受けてしまう.本屋を訪れることは,程度の差こそあれこのような知見や喜びを私に与えてくれるものであり,かけがえのないものである.




ゲーテ詩集 (新潮文庫)
新潮社
ゲーテ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゲーテ詩集 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
人間の限界 (霜山徳爾)
時間ができたので,また,人から薦められて面白かった本(参考: 美しい星 (三島由紀夫))について書いてみたい.今回は,霜山徳爾先生の「人間の限界」について. ...続きを見る
A Day in the Life
2007/12/13 19:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 野バラの限界をおしえてくれました
R
2007/02/08 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間の限界 (ゲーテ) A Day in the Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる