A Day in the Life

アクセスカウンタ

zoom RSS 詩集「北国」 (井上靖)

<<   作成日時 : 2005/08/11 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

前のエントリ で触れた,珠玉の作品集について.ここでは,井上靖の詩集「北国」について書いてみたい.

井上靖についてはもう説明するまでもあるまい.「あすなろ物語」「しろばんば」などの自伝的な作品,「天平の甍」「楼蘭」「蒼き狼」「敦煌」などの歴史作品,その他「氷壁」など,誰しも一度は少なくともその題名は聞いたことがあるであろう,数多くの名作を生み出した.また,映画やドラマになった作品も多い.

この井上靖の作品の中で,私が最も大きな感銘を受けた作品が,詩集「北国」である.私が持っているのは新潮文庫の文庫本であるが,もう絶版になっているようで,入手しづらいかもしれない.

「北国」は,38篇の詩集を収めた,井上靖の最初の詩集である.それぞれの作品は,詩といっても,散文の形式をとっており,近代詩の系譜の中でも独自のポジションを占めているのではなかろうか.これらの詩に共通して感じられるのは,ある広がりをもった静謐な空間である.そしてこの空間は,作者の研ぎ澄まされた詩情,抒情,愛と哀しみに満ち満ちている.またそれらは,非常に豊かなイメージをかきたてるものが多いものの,絵画でも音楽でもない.やはり,詩としか言いようのない空間である.これらの詩を介して,我々は作者の魂を感じ取ることが出来るのである.

38編の詩はそれぞれまさに珠玉としかいいようがないが,その中でも,特にいくつかの詩をここでは紹介したい.例によって内容に一部触れるので,未読の方は注意.


  • 「海辺」…国語の教科書にも載っている有名な作品.青春への嫉妬と憧憬.

  • 「愛情」…5歳の子供の相手をするときに突然突き上げてきた,烈しい愛情と深い寂寥.

  • 「生涯」…「若いころはどうにかして黄色の菊の大輪を夜空に打揚げんものと,寝食を忘れたものです.漆黒の闇の中に一瞬ぱあつと明るく開いて消える黄菊の幻影を,幾度夢に見て床の上に跳び起きたことでせう.しかし,結局,花火で黄いろい色は出せませんでしたよ.」 一生を花火に捧げた老花火師の言葉.人生なるものへの畏れ.

  • 「流星」…「私はいつまでも砂丘の上に横たわつてゐた.自分こそ,やがて落ちてくるその星を己が額に受けとめる,地上におけるただ一人の人間であることを,私はいささかも疑はなかつた.」 青春の情熱,矜持,孤高.それらは刹那に輝く,本来孤独なるもの.それゆえに哀しく美しい.

  • 「高原」…いのちの悲しみ.

  • 「落日」…匈奴の死者の弔い方.駱駝の咆哮は,まさに死者への慟哭に他ならない.これほど哀切極まりない死者への弔いが他にあろうか.

  • 「二月」…父と私を捨てた母.少年の私をとりまく,世界の底にある敵意.だが,その敵意が本当にあるのかすら私には分からない.



井上靖は一般的には小説家として語られることが多いが,その小説は詩的,抒情的で,本質は詩人なのではないかと思う.室生犀星の小説が,たとえ小説であっても,それはやはり詩人の書いた詩に他ならないかのように.このように感じるのは,私が余りにこの詩集に傾倒しているからであろうか.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
I was born (吉野弘)
ここ数年,高校の教科書を読む機会がある.この年になって読む教科書は,自分が高校生だった頃に感じた以上に面白く感じる.特に,私の高校時代の現代文教科書に載っていた題材が,いまだに採録され続けているのを見つけると,非常に興味深く感じる.たとえば,吉野弘の現代詩「I was born」などがそうである.こうした作品を読むと,高校のときの自分と,現在の自分との違いについて,さまざまな思いが浮かんでくる.今回のエントリでは,例によってまとまりがないが,I was born という詩について,そうした... ...続きを見る
A Day in the Life
2011/05/31 21:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
一般に「詩壇」なるものでは、井上靖のような良く分かる感動的な作品はまっとうな詩としては扱われていません。もっと変な文体で意味不明の作品ばかりがもてはやされる。なぜこんなことが起こったんでしょうね。
gkrsnama
2009/07/30 01:54
コメントどうもありがとうございます.絵画でも小説でも,専門にやってる人が前衛的になっていく傾向はあるような気はします.そのような状況では,井上靖のような詩は評価されないというのは仕方ないかしれないですね...私は好きなんですが

2009/07/31 05:59
中学生の頃「北國」を読んで、ショックを受けた者です。凛として美しい言葉たち。詩というよりは、ごく短いエッセイを読んでいるようでした。 大人になった今でも、疲れたとき、心が澱んでいるなと感じるとき「北國」の頁を開くと、心が洗われる思いです。
きみどん
2009/10/17 16:20
コメントどうもありがとうございます.この詩集に収められている詩は,なんといいますか,しんと冴えわたった透徹した世界を作っていますよね.折に触れて読み返したくなる詩集です.こんな素晴らしい作品が手に入りにくくなっている現状は,非常に残念に思います.もっと広く読まれてほしいとは思うのですが.

2009/10/20 01:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
詩集「北国」 (井上靖) A Day in the Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる